日本インラインスケートスラローム協会 公式サイト

概要

スラローム基本技9種類でのタイムを測定し、基準を超えた数により以下の級位基準に従い級位を認定し、認定証を発行します。

規定

助走7m、1.5m間隔のパイロンを規定の技で通過して8秒を切った技数、もしくはタイムで級が決まります。(助走は10mから7mに改定されていますので、ご注意ください)各技について2走の測定が行われますので、全部で最大18走することになります。意外に疲れますのでペース配分にはくれぐれもご注意ください

8秒を切れなくても、11秒を切れれば10級の認定がされますので、パラレルで15個を蹴らずに11秒を切る記録が出せるスキルがあれば、例えばパラレルしかできなくても参加する価値はあります。1級でも5種目で8秒を切れば良いので、オープンやワンフットができない人でも1級を取得できる可能性はあります。

技数 基準タイム(秒)
1 5 8.0
2 4 8.0
3 3 8.0
4 2 8.0
5 1 8.0
6 1 8.5
7 1 9.0
8 1 9.5
9 1 10.0
10 1 11.0

級位基準詳細はこちら
前
ノービス検定
カテゴリートップ
2019/04/21 いこいの森スラローム検定

フォローお待ちしております
トリックスラローム用パイロン