日本インラインスケートスラローム協会 公式サイト

150部門基礎クラス:

▼参加資格:

  • 基礎ジュニアA … 中学生以下の男女。初級者向けクラス。
  • 基礎ジュニアB … 中学生以下の男女。入門者向けクラス。バックワンフット、オープンスネーク、オープンクロスは採点対象外です。前大会の入賞者は出場できません。
  • 基礎シニアA … 高校生以上の男女。初級者向けクラス。
  • 基礎シニアB … 高校生以上の男女。入門者向けクラス。バックワンフット、オープンスネーク、オープンクロスは採点対象外です。前大会の入賞者は出場できません。

▼コース:

○150基礎コース
150基礎コース…スタートラインから4.5mの場所に最初のパイロンが置かれ、そこから150cm間隔で計9個の大パイロンが直線状に並べられたコース。
エンドラインは最後のパイロンから4.5mのライン。
通常のソフトパイロンを使用します。

150基礎コース図

▼ルール:

ヘルメット着用を必須とする。(スピードを競う競技となるため)

▽滑走順:
日本インラインスケートスラローム協会による抽選で決定。
抽選結果は大会前日までに公開。

▽滑走回数:
1名1演技

▽制限時間:
30秒以下

▽採点:
JISSA審査員が審査を行う。
構成点の合計で順位を決定する。

・構成点:
パイロン9個を通過した技のポイント合計を構成点とする。
パイロンミス(不通過もしくはパイロンキック)が2個以上あった技は、そのポイントを無効とする。
同一の技を複数回行った場合、高いポイントの方1回分のみを採用する。

技の種類により下記に設定したポイントとする。

技種 ポイント 備考
フォワードパラレル 1  
フォワードスネーク 1  
フォワードクロス 2  
フォワードワンフット 3  
バックスネーク 2 (前大会から変更)  
バッククロス 3 (前大会から変更)  
バックワンフット 4 (前大会から変更) Bクラスでは採点対象外
オープンスネーク 4 Bクラスでは採点対象外
オープンクロス 5 Bクラスでは採点対象外

制限時間内に行った技種のポイント合計を構成点とする。
コースの途中で演技が終わった場合、未通過のパイロンは不通過扱いとする。(つまり、パイロンミスなしで8個まで通過していれば加点される。)

・構成点採点例:
スタートからフォワードパラレルでパイロン9個を滑りぬけ、エンドライン付近まで移動し、フォワードクロスでパイロンを9個滑りぬけた。
この場合、 フォワードパラレル1ポイント+フォワードクロス2ポイントの合計である3点が構成点となる。

▽表彰:
上位3名を表彰する。
表彰対象者には賞状とメダルが授与される。
副賞(景品)はなし。(協賛品などは参加者全員での抽選会で授与される。)
基本的に同点の場合は、同順位とするが、入賞対象者が同点の場合は順位決定戦を行う。

▽順位決定戦:
1.同点選手のみで、再度演技を行い、採点する。
2.更に同点である場合、滑走姿勢・安定性を基に審査員の投票により順位を決定する。

▽その他:
選手はスタートラインから演技を開始する。
スターターの合図で演技時間を開始し、場所に関わらず両手を頭上で交差させることで演技時間の終了を知らせるものとする。
演技中にスタートライン・エンドラインを越えることは減点対象とならないが、安全に十分留意すること。

個人競技(150部門)参加申込フォーム

前
150部門クラス選択チャート
カテゴリートップ
2016/03/20 第14回 インラインスケート スラローム選手権大会
次
150部門 トリッククラス

フォローお待ちしております
トリックスラローム用パイロン