日本インラインスケートスラローム協会 公式サイト

150部門ジュニアクラス:

▼参加資格:

  • ジュニアA … 中学生以下。上級者向けクラス。
  • ジュニアB … 中学生以下。初級者、中級者向けクラス。

申し込み人数が4名を超えないクラスは他のクラスとの統合となります。

Aの目安の例:少年スラローム選手権in新横浜でジュニア・ジュニアハイ入賞経験など

▼コース:

○150コース
150コース…スタートラインから10mの場所に最初のパイロンが置かれ、そこから150cm間隔で計15個の大パイロンが直線状に並べられたコースです。
エンドラインは最後のパイロンから3mのラインとします。
通常のソフトパイロンを使用します。

▼ルール:

○審査員:

  • JISSA審査員が審査を行います。

○非推奨演技:

予選・決勝トーナメントにおいて、下記のような演技は非推奨(評価が低い)とします。
明確な罰則・減点基準は設けません。

  • パイロンを倒した演技。
  • レーンから150cm以上離れた場所から再度助走をするような非連続の演技。
  • レーンから50cm以上離れた技を使用した演技。
  • レーンライン(パイロン同士を結ぶ直線)を通過しないで、2つ以上のパイロンを通過する演技。

○予選:
▽コース:
150コース1レーン

▽滑走順:
基本的に申し込み日時の遅い者順とする。
ただし、最初の滑走者は過去の経歴で最も実力が高いと判断される者を選出します。
滑走の順番は予め発表されるものとします。

▽予選演技内容:
滑走は規定演技を行う。
滑走回数は1回とする。

▽予選順位:
クラス毎に複数の審査員が7段階で採点を行い、合計得点で判定する。
クラス毎に成績上位16名が決勝ラウンドへ出場する。
予選結果が同点の場合、先に滑った選手を上の順位とする。ただし、16位の同点の場合は、2次予選を行う。

▽予選演技採点:

審査員が滑走における正確性・速度・安定性を総合的に判断し、7段階で採点を行う。

  • ジュニアA:右フォワードクロス〜右オープンターン〜右バッククロス〜右クローズターン〜左フォワードクロス〜左オープンターン〜左バッククロス〜左クローズターンで構成された箇所(マブロック左右)を含むルーチンとする。
  • ジュニアB:フォワードスネーク〜バックスネーク〜フォワードスネーク(〜スピン)で構成されるルーチンとする。
    スネークおよびターンの方向は評価対象とならず、左右を問わない。
    スピンは必須演技ではないが、スピンの有無(ある方が高いとされる)及びその技術(正確性・速度・安定性)は評価対象となる。

○決勝:
コース:150コース1レーン
制限時間:30秒

トーナメント形式で自由演技を行う。
予選順位の低い方が先攻となる。
先攻、後攻の両者が滑走を行い、複数の審査員が両者のいずれかに投票を行なう。
獲得票の多い者を勝者とする。
審査員は、両者の滑走における正確性、速度、安定性、難易度、独創性を総合的に判断し、投票を行う。
各試合一本勝負とし、決勝戦のみ三本勝負とする。

選手はスタートラインから演技を開始し、エンドラインを超えたところで演技の終了とする。
エンドラインを超えてなお演技を継続しようとした場合、コース管理から注意(ホイッスル)が与えられる。

エンドラインを越えずに制限時間を超えた場合、下記の減点とする。

  • 決勝戦以外の減点規定
    1. その滑走への投票を無効とする。(基本的に相手選手の勝利)
    2. 両選手の滑走が無効となった場合には、両者ノーカウントとし再度滑走を行う。
  • 決勝戦の減点規定(3本勝負)
    1. その滑走への投票を無効とする。(基本的に相手選手の1本獲得)
    2. 両選手の滑走が無効となった場合には、両者ノーカウントとし再度滑走を行う。

個人競技(150部門・フリースタイルスラローム部門)参加申込フォーム

前
150部門 基礎クラス
カテゴリートップ
2013/07/14 第12回 インラインスケート スラローム選手権大会
次
150部門マスタークラス

フォローお待ちしております
トリックスラローム用パイロン